鍵交換で電子錠を選択~子どもが鍵をなくすリスクが防げる~

鍵を持たせないから安心!鍵交換をするなら電子錠 鍵を持たせないから安心!鍵交換をするなら電子錠

安全に子供に鍵を持たせる方法

夫婦共働きの家庭など、子どもが小学生にあがった機会に鍵を持たせることもあるでしょう。そこで、紛失や盗難を防ぐために意識したい注意点、子どもに鍵を持たせるときにどんな方法が考えられるか、知っておきたい基礎知識を紹介します。

子供に鍵を持たせる4つの方法と注意点

ランドセルに装着する
キーホルダーやチェーンなどでランドセルに装着する方法は手軽ですが、盗難のリスクがあります。学校帰りにランドセルを持ったまま公園で遊んでいるときにこっそり盗まれてしまうなど、生活習慣によっては危険です。学生手帳などの住所と一緒に盗まれた場合には空き巣被害も心配になるので、安全に持たせる方法とは言えません。
首からぶら下げる
ひもに結んで首から下げると、盗難の心配はなくなります。昔からよく見かける「鍵っ子」のスタイルで、今でも比較的検討されやすい方法です。しかし、鍵の形状によっては肌を傷つけてしまうケースがあるため、慎重に検討します。木登りして遊ぶときなど首つり状態になってしまうリスクもあるため、安全面には十分に配慮しましょう。
ズボンに装着する
ズボンやスカートに付ける方法なら、子供でも紛失のリスクが減るでしょう。100円ショップなどのストラップを買ってきて鍵とズボンをつないでおくと、肌身離さず持ち歩きできます。体育などの着替えがある日には、先生とも相談しましょう。また、教室に置きっぱなしにしてもいたずらされることがないように、安全に持たせる方法を考えることが大切です。
郵便受けに入れる
マンション住まいの家庭なら、郵便受けに入れておく方法があります。しかし、後ろに不審者が立っていて番号が知られると怖いので、周りを確かめてから解錠するなど安全な方法を教えましょう。また、この方法なら合鍵を作る手間もなく、特定の日だけ鍵を持たせる場合にも便利です。

鍵交換で電子錠にすれば紛失リスクが減る

鍵

鍵が持たせるのが不安なら、電子錠に鍵交換をするという方法もあります。この電子錠は、種類があり、どのような活用法があるのでしょうか?

キーボックス・電子錠の活用

鍵を持たせたくないと思っている方は鍵交換をするという選択肢もあります(鍵専門業者)

子どもに鍵を持たせるのが不安な場合は、市販のキーボックスをドアや窓に取り付けるなど、鍵の受け渡し方法を検討すると安心です。マンションの郵便受けは決まった番号を入れますが、キーロックなら任意の番号に設定できます。子どもの大好きなヒーローの誕生日など、親子しかわからないナンバーにして、空き巣被害を防ぎましょう。また、最初から鍵を持ち歩くことを防ぐことも可能です。電子錠ならキーボックスのように暗証番号で鍵を開けるので、紛失の心配はなくなります。種類も豊富なので、我々業者に相談して状況にあったものを提案してもらいましょう。またもちろん、この時の暗証番号の設定も真剣に決めた方がいいです。子どもに鍵を持たせるのが心配と感じるなら、こういったものへ鍵交換をしてみるといいでしょう。

対策をして不安を取り除く

子どもに鍵を持たせるのを不安に思う気持ちは最もですが、自立を促すチャンスです。鍵交換や紛失対策を徹底すれば、空き巣や不審者による被害を防げるでしょう。親子で鍵の扱いをよく話し合い、安全にお留守番できるように対策しましょう。

TOPボタン