子供が真似しないようにしておきたい鍵の使い方

鍵を持たせないから安心!鍵交換をするなら電子錠 鍵を持たせないから安心!鍵交換をするなら電子錠

子供が真似しないために親も一緒にやめておくべきNG行動

子どもは親の習慣を真似するもので、親子で考えたい鍵との付き合い方、控えたいNG行動例について見ていきましょう。

間違った鍵の使い方とは?

短時間だからと言って鍵をかけないのは止めたほうが良いです(鍵専門業者)

朝のゴミ捨てや郵便ポストの確認など「ちょっとそこまで行くだけだから」と、鍵をかけないで出かけることはありませんか。大人が口癖のように言っていると鍵を持たせる子どもが「ちょっと庭で遊ぶだけ」「ちょっとお友達と会うだけ」と真似をして、心の油断につながるのです。プロの空き巣はものの数分で侵入、貴重品を探して出て行くとも言われています。自分たちにとってはわずかな時間でも、思わぬトラブルにつながるリスクがあります。セキュリティがしっかりしたものへ鍵交換したとしても、防犯意識がおろそかになっては、全く意味がありませんよ。

鍵はなるべく人に見られないようにしましょう(鍵専門業者)

母親の財布から鍵がのぞいている様子を見ていると「隠しておくべきもの」という意識が薄れてきます。買い物を済ませたレジで鍵がしっかり見えていたら、子どもへの悪影響が不安になります。男性だとズボンにキーチェーンをぶら下げてジャラジャラ何個もつけて歩く方がいますが、ポケットに入りきらないほどの鍵をつけるのはリスクが高いでしょう。空き巣被害を防ぐためには、人から見えないように持つのが前提なので、キーカバーやポシェットでカバーします。キーホルダーにつける場合も、鍵とはわからないように工夫して、安全対策に役立ててください。

子どもは真似してしまう

子どもは親の姿を見て育つものです。教えるより先に自分の行動を振り返りましょう。鍵の扱い方が雑だったり、しまう場所が悪かったりしたら子どもへの悪影響が不安なので、鍵を持たせる前にまず自分が反省します。しっかりとした防犯意識を持つことが、空き巣対策や盗難防止に役立つのです。子どもの命を守るためにも、正しい鍵の扱い方をマスターしましょう。

TOPボタン